包茎は遺伝

包茎は遺伝でなるの?

 

包茎と遺伝は関係ないので親が包茎だから子が包茎と言う方程式は成り立ちません。

 

ですから自分が包茎だからといって、自分の兄弟や血の繋がりのある子供が包茎であるとは限らないのです。

 

しかし世界的に見ても包茎に悩む男性の数が多く、元々露茎の方を探す方が難しくなっているといえます。

 

包茎に悩む男性が多いなら、治療を受ける必要はないかも!なんて思ってしまう男性も中にはいますが包茎のままでは良い事はありませんし、包茎でいる事でデメリットに感じる事の方が多くなってしまいます。

 

メリットはこれといって特にありませんし、最悪の場合は人に迷惑を掛けてしまう可能性も考えられますから包茎に気付いているのであれば早々に治療を受けて治してしまうべきであります。

 

包茎治療の方法も沢山あり、一般的なメスを使用して切開する方法だけでなくメスを使わない治療方法や器具を使用して行なう治療方法などもあります。

 

皮を切除するか、亀頭に皮が覆いかぶさらないように留めてしまう方法が効果的で器具による治療は効果の成功率が高いとは言えませんし、癖を付けるだけの効果しかありませんからこの方法での包茎治療はおすすめ出来ません。

 

包茎治療を受けるなら手術を受けてしまうのが1番です。

 

手術と言っても全身麻酔や入院が必要な大掛かりなものではなく数十分程度で完了するものですから恐れる事はありませんし、局部麻酔を使用して男性器に何の感覚もない状態にしてから手術が始まりますから、術中痛みを感じる事もなく、麻酔を必要とする歯科治療を受けるような感覚で包茎治療を受ける事が出来ます。

 

痛みがないと言われても包茎手術に対して恐怖心を感じてしまうという方もいるのですが、そういった場合は包茎クリニックの医師に相談をして治療の方法や麻酔のメカニズムなど不安な事や気にしている事について話を聞いてみれば良いのです。

 

無料カウンセリングでは、治療方法などの説明だけでなく包茎と遺伝についてなども教えてくれますし包茎の疑問についても分かりやすく説明してくれます。

 

申し込みはここから


 

包茎手術横浜おすすめ人気クリニック最新版はここから